銀行の不良債権、3月末時点で8.3兆ルピー

インドのカラド閣外相(財務担当)は26日、国内の指定商業銀行(SCB)が抱える不良債権(NPA)の総額が2021年3月末時点で8兆3,490億2,000万ルピー(暫定値、約12兆3,678億円)だったと明らかにした。昨年3月末時点から6,118億ルピー縮小している。PTI通信が伝えた。 …

関連国・地域: インド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アカツキ、日本のアニメ・キャラをインドへ(14:29)

テイクオフ:当地へ移り住むと決まっ…(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

ダイキアクシス、北部に浄化槽工場(09/22)

日立造船、マハ州初のごみ焼却発電所を受注(09/22)

ヤマハ、スポーツバイクの新モデルを発売(09/22)

地場電動二輪、半年で15億ルピー投資へ(09/22)

メルセデス、車両の輸入関税の引き下げ要請(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン