ア太平洋で太陽光発電を拡大 サンシープ、脱炭素化追い風に

シンガポールの太陽光発電最大手サンシープ・グループは、日本を含むアジア太平洋地域で太陽光発電事業を拡大している。世界的に脱炭素化の動きが広がる中、企業単位の小型案件や大規模プロジェクト、洋上・山林といった遠隔地での発電設備設置など、多様な需要に対応。業界大手と…

関連国・地域: シンガポール日本アジア
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染対策を再び厳格化 27日から4週間、在宅勤務基本に(10:20)

新規感染1650人、3日連続過去最高(24日)(09:51)

新規感染1504人、2日連続過去最高(23日)(09:50)

移民政策の雇用面に反感、国民過半数(09:21)

ワクチン3回目接種、50~59歳も対象に(09/24)

消費者の7割、デジタル銀への切り替え視野(09:35)

27日から感染対策強化、在宅勤務基本(09/24)

冷蔵庫用圧縮機の製造事業閉鎖 パナソニック、700人解雇へ(09/24)

武田薬品工業、CO2排出量ゼロのビル設置(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン