宝武集団など、脱炭素へ500億元基金設立

中国最大の鉄鋼メーカー、中国宝武鋼鉄集団(上海市、宝武集団)や政府系ファンドの国家緑色発展基金などは15日、鉄鋼業界の脱炭素化の実現を目指し500億元(約8,500億円)のファンド創設に関する契約を締結した。脱炭素化に特化したファンドとしては国内最大規模という。 ファン…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 鉄鋼・金属金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国の成長率予測8.1%を堅持、ADB(16:17)

シノファーム製ワクチン、第2陣が到着(15:21)

テイクオフ:広州できょう、日系大手…(09/22)

中国との経済関係強化を急ぐ TPPの参加申請も近く決断か(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

上汽五菱、国産半導体9割に 需給逼迫受け海外依存脱却へ(09/22)

TPP加入、中国が正式申請(09/22)

チャウピュー開発、中国側が調査開始で契約(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン