欧米社開発の抗体治療薬、コロナで暫定認可

シンガポール保健科学庁(HSA)は、新型コロナウイルスの治療薬として、英グラクソスミスクライン(GSK)と米ヴィル・バイオテクノロジーが開発したモノクローナル抗体薬ソトロビマブの暫定利用を認めた。患者が18歳以上で、酸素補給を必要としないことや、重度の症状に進行…

関連国・地域: シンガポール米国欧州
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

4日深夜から入国規制強化、オミクロン株警戒で(12/03)

10月の小売業売上高、2カ月連続プラス(12/04)

新規感染766人、5日ぶり低水準(3日)(12/04)

新規感染1101人、死者は9人(2日)(12/03)

中国製ワクチン接種者、年内の追加接種要請(12/04)

配車サービス大手グラブ、ナスダックに上場(12/04)

11月の製造業PMI、好況水準も軟調傾向(12/04)

双方向重視、日本の目利きも 食品卸アングリスの挑戦(下)(12/03)

セムコープ、中国で再生エネの資産取得(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン