• 印刷する

《安全》域内で1人感染、「L452R」変異株

香港政府衛生署衛生防護センター(CHP)は24日、新型コロナウイルスの域内感染者を1人確認したと発表した。「L452R」と呼ばれる変異株に感染しており、感染経路は明らかになっていない。

感染者は新界地区・大埔に住む男性(27)で、香港国際空港の地上スタッフとして働いている。21日に発熱やのどの痛み、せきといった症状が現れ、医療機関を受診したことで感染が発覚した。

香港で域内感染者が確認されるのは今月7日以来17日ぶり。マカオや中国本土との往来正常化に向けた交渉に影響が出る可能性もある。

政府は男性が住むビルの住人らに感染が広がっていないか強制検査を行ったが、24日午後の時点で男性以外の感染者は見つかっていない。

24日に確認された新規感染者はこの男性を含めて7人。6人は海外からの流入症例で、英国とインドネシアからの入境者だった。累計の感染者数は1万1,905人となった。

■空港職員にワクチン義務

香港国際空港を運営する香港空港管理局(AAHK)は23日、空港職員が空港内の制限エリアに出入りする際には、新型コロナのワクチン接種済み証明または陰性証明を提示するよう義務付けると発表した。

8月1日から実施する。ワクチン証明は、2回接種を済ませて14日以上経過していることが分かるものでなければならない。


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:多くの香港人が悩む住宅…(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

日系企業の業績、顕著に改善 4~6月期、国安法へは懸念拡大(07/27)

6月の輸出額33%増、今年2番目の伸び(07/27)

新規感染ゼロ、7日ぶり=計1万1978人(07/27)

ホテル隔離免除制度の見直しも=衛生局長(07/27)

「接種率9割超で感染対策緩和可能」に賛否(07/27)

専門家にコロナ共存論じわり、背景に変異株(07/27)

大幅続落、騰訊処分で年初来安値=香港株式(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン