首都圏の外出制限、緩和機運 感染リスク減、ワクチン接種進む

フィリピンのマニラ首都圏で、新型コロナウイルス対策で実施されている外出・移動制限措置の緩和に向けた機運が再び盛り上がり始めている。3月に緩和への期待が高まった際は感染者急増により一気に機運が遠のいたが、医療態勢の改善などで感染拡大のリスクが低下したことに加え、…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(16:03)

首都圏の外出制限、6日から再び厳格化(19:40)

新型コロナ、新たに8562人感染(17:53)

首都圏の外出制限、延長表明 大統領、厳格化に転じる可能性も(07/30)

外出制限、イロイロで最も厳しい措置(07/30)

新型コロナ、新たに5735人感染(07/30)

変異のデルタ株、新たに97人感染(07/30)

ワクチン月2500万回分確保、集団免疫へ(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン