エタノール混合燃料の普及、砂糖供給に影響

インド政府によるエタノール混合ガソリン(EBP)の普及推進が、世界的な砂糖の供給減につながる可能性がある。インドは世界2位の砂糖生産国。ロイター通信が21日に伝えた。 インド政府は、エタノールを20%混合したガソリン(E20)を2023年4月までに全国的に導入する計画。…

関連国・地域: インド
関連業種: 食品・飲料農林・水産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スマホ出荷、4~6月は減速 第2波影響も打撃は予想下回る(08/06)

自動車業界、半導体不足で生産計画を縮小(08/06)

地場合板企業、54.8億ルピーで中質繊維工場(08/06)

東南アへワクチン供与拡大、中国外相(08/06)

スウィッギー、電動化で燃料大手合弁と提携(08/06)

太陽光パネルの輸入制限撤廃、業界は歓迎(08/06)

配電公社の赤字額、昨年度は9000億ルピー(08/06)

印アダニ、港湾開発は制裁に抵触しない(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン