接種推進策で世界が苦心、牛・アイドルに銃も

【共同】新型コロナウイルスを抑える切り札となるワクチンの接種推進策を、世界各国が苦心して打ち出している。集団免疫の獲得には人口の7割以上の接種が必要とされ、接種に消極的とされる若者らの取り込みが成否の鍵を握る。米国では銃や大麻、アジアではアイドルとの交流や生き…

関連国・地域: 中国タイフィリピン日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本人で2人目の死者、新型コロナ感染で(16:55)

三井物産、水素エネ事業化で地場2者と覚書(14:52)

テイクオフ:東京五輪が始まり、小さ…(07/28)

2~4月の輸出3割減 主要国が軒並み停滞、輸入4割減(07/28)

感染7.4万人に、首都は数公表せず(07/28)

25年ぶり「金」に市民熱狂 史上2人目、返還後では初(07/28)

テイクオフ:東京五輪が開幕する少し…(07/28)

施政方針、日米商議所は評価 外国投資法に期待、議会で批判も(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン