• 印刷する

現代自、高級SUV「アルカサール」発売

韓国・現代自動車のインド法人ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)は18日、高級スポーツタイプ多目的車(SUV)「アルカサール」を発売した。価格は163万300ルピー(約242万円)から。

アルカサールは65億ルピーを投じ、インド向けに開発した6~7人乗りのSUV。発売により、同社の販売台数の45%を占めるSUVの製品ラインアップを強化する。予約開始から約10日で、4,000台を超える予約を受けた。納車までの待機時間は4~8週間となっている。

HMILのタルン・ガルグ取締役(販売・マーケティング担当)は、オンラインでの発表に際し「需要は正常に戻ってきている。6月の当社の需要は平時の75%水準だった」と話した。アルカサールの発売で、市場をさらに刺激できるとみている。

エンジンは排気量2.0リットルのガソリンエンジンまたは1.5リットルのディーゼルエンジンを用意。変速機は6速のマニュアルトランスミッション(MT)とオートマチックトランスミッション(AT)から選べる。価格は、ガソリンモデルが163万300~198万4,900ルピー、ディーゼルモデルが165万3,300~199万9,900ルピー。

ガルグ氏はまた、おそらく今後3年以内にインドに電動車の投入を検討していると語った。

HMILが発売した高級SUV「アルカサール」。予約を受けた4,000台のうち、55%がディーゼルモデルだった(同社提供)

HMILが発売した高級SUV「アルカサール」。予約を受けた4,000台のうち、55%がディーゼルモデルだった(同社提供)


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車電機

その他記事

すべての文頭を開く

ケララの感染拡大収まらず 政府が調査隊、今週末は完全封鎖(07/30)

アショク、英スイッチ通じ電動車事業を推進(07/30)

現代自、24年までにEVの新モデル発売(07/30)

独VW、タイグンの生産を来月18日に開始(07/30)

車8社の世界販売29%増、コロナ前には及ばず(07/30)

タタ自、ネクソンEVをネパールで発売(07/30)

トヨタ世界販売、過去最多546万台・2年連続首位(07/30)

電動車の登録台数、過去3年間で52万台(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン