飲食業界の労災事故、年率9%増加

シンガポールの飲食業界で労災が増えている。同業界で起きたけがの件数は2016年から19年の4年間で、年に約9%ずつ増加。特にスリップ、つまずき、落下事故が増えている。 ザキ・モハマド上級国務相(人材開発担当)が17日、飲食業界向けの労災防止キャンペーンの始動イベントで…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅近くの商業施設から…(08/03)

ア太平洋で太陽光発電を拡大 サンシープ、脱炭素化追い風に(08/03)

政府系電力SP、ベトナム企業とJV設立(08/03)

西部の汚泥焼却施設など、4.28億Sドルで発注(08/03)

複合企業ケッペル、メディア大手を買収へ(08/03)

モデルナ製ワクチン、接種の予約不要に(08/03)

シノファーム製ワクチン接種、11病院に認可(08/03)

新規感染111人、経路不明は25人(2日)(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン