車や発電で水素本格活用へ、国際競争激しく

【共同】2050年の脱炭素社会実現に向け、政府や企業が燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しない水素の本格活用に向けた動きを加速させている。車や船、発電の燃料として有望視されるが、コスト削減や安定調達など課題は多い。脱炭素の鍵を握る水素の技術開発は国際競争が激しく、…

関連国・地域: 中国韓国日本
関連業種: 自動車・二輪車天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

三井物産、水素エネ事業化で地場2者と覚書(14:52)

テイクオフ:東京五輪が始まり、小さ…(07/28)

2~4月の輸出3割減 主要国が軒並み停滞、輸入4割減(07/28)

感染7.4万人に、首都は数公表せず(07/28)

25年ぶり「金」に市民熱狂 史上2人目、返還後では初(07/28)

テイクオフ:東京五輪が開幕する少し…(07/28)

施政方針、日米商議所は評価 外国投資法に期待、議会で批判も(07/28)

日本人死亡、新型コロナで初確認(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン