配車アプリ滴滴、米上場へ目論見書提出

配車サービス「滴滴出行」を運営する北京小桔科技(北京市)は10日、米ニューヨーク証券取引所への上場に向けて、米証券取引委員会(SEC)に上場目論見書を提出した。滴滴の企業価値の評価額は700億米ドル(約7兆6,600億円)に上るとされ、その8~10%の資金調達を計画してい…

関連国・地域: 中国-北京米国
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:セール期間を狙って欲し…(06/22)

ワクチン500万回分、月末~来月に到着予定(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

大卒初任給約15万円に 前年比で1割超上昇(06/22)

新車販売台数、25年に3千万台=業界予測(06/22)

中国企保有の豪石炭港、独占状態が輸出影響か(06/22)

長城汽車、バンコクの大型複合施設に旗艦店(06/22)

接種推進策で世界が苦心、牛・アイドルに銃も(06/22)

1~5月の鉄鋼輸出、EU向けが5倍(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン