タタ系ホテル、南部空港都市でホテル開発

インドの財閥タタ・グループ傘下のホテル運営大手インディアン・ホテルズ(IHCL)は、南部ベンガルール(バンガロール)のケンペゴウダ国際空港周辺で都市開発事業を手掛けるベンガルール・エアポート・シティー(BACL)とホテルの運営契約を結んだ。2025年の開業を目指す…

関連国・地域: インド
関連業種: 建設・不動産運輸サービス観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:5年前のリオ五輪、女子…(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

食事宅配の競争激化 2強が巨額調達、投資家が期待(07/27)

産業用ドローンのACSL合弁、工場設置へ(07/27)

タイヤのシート、生産増強に100億ルピー(07/27)

電動二輪リボルト、ドミノピザに車両供給(07/27)

米太陽光機器、印工場に3.5億米ドル投資へ(07/27)

太陽エネ公社、蓄電システムの開発を計画(07/27)

電力の損失率、ジャムカシミールが最大(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン