広東の電力制限に自前対応 発電機導入の動き、太陽光に注目

広東省では今年、電力自給率が低い現状下で生産受注が増えるなどといった複数の要因が相まって、近年まれに見る電力不足を招いている。当面は需給バランスの改善が進まず、「企業への電力供給の制限はしばらく続く」との見方が大勢だ。生産確保という死活問題の解決に向け、日系各…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 電機その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

5月の「消費促進月」、消費額は4.8兆元(06/11)

配車アプリ滴滴、米上場へ目論見書提出(06/11)

成長続くペット市場 23年に8兆円迫る規模へ(06/11)

中国青山、23年にアルミ50万トン生産へ(06/11)

廃棄自動車を95%再利用へ、政府が新規定(06/11)

中国外相、カンボジアへの支援を再表明(06/11)

5カ年計画の公共建設事業推進、常務会議(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン