【ビジネス講座】外国人取締役に対する課税 第914回

外国人が、中国内外の法人の取締役(董事)である場合の個人所得税課税について解説します。 ■1.取締役報酬に対する課税 租税条約上、取締役報酬と賃金給与は、異なる課税原則が定められています。賃金給与は労働の対価であるため、滞在地に基づき所得源泉・課税権を判定するこ…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

商務省、ラオス中国鉄道の活用へ会合を計画(14:34)

アジア昇給率は4.3%予測 2022年の日系企業、NNA調査(12/08)

当局がコロナ治療薬を承認、中国で初(16:02)

豪ニッケル社、中スラウェシ事業の権益取得(12:42)

テイクオフ:目の前には、田んぼや畑…(12/09)

安価なリン酸鉄で購入層拡大 中国車載電池の今(2)(12/09)

カジノ、VIP切り捨てへ サンシティー会長逮捕でリスク増(12/09)

豪も五輪外交ボイコット表明 米に追随、中国は対抗措置も(12/09)

自動車販売で不当な追加料金、売り手市場で(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン