• 印刷する

スシロー、首都北郊にタイ2号店をオープン

日本の回転ずし最大手「スシロー」は2日、タイの首都バンコク北郊パトゥムタニ県で同国2号店の営業を始めた。新型コロナウイルス感染症の流行第3波により営業時間の制限などが課される中、今年9月までに3号店の出店を計画するなど、積極攻勢を仕掛けている。

2日にソフトオープンしたスシローのタイ2号店=タイ・パトゥムタニ県(フード&ライフカンパニーズ提供)

2日にソフトオープンしたスシローのタイ2号店=タイ・パトゥムタニ県(フード&ライフカンパニーズ提供)

2号店はパトゥムタニ県ランシットの大型商業施設「フューチャーパーク・ランシット」に開業した。3月末にバンコク中心部の大型商業施設「セントラル・ワールド(CW)」にオープンした1号店と同様のメニューを提供する。店舗面積は457平方メートル、座席数246席で、スシローの店舗として世界最大規模のタイ1号店(約800平方メートル、350席)の3分の2ほどの規模となる。

2号店のオープンキャンペーンとして、6月8日までの期間限定で「大トロ1貫」を通常の3分の1の40バーツ(約141円)で提供している。

新型コロナウイルス感染症の予防のため、店内の客数を制限し、座席間の距離を開けて営業している。当面はアプリを使った来店の事前予約も受け付けない方針だ。

スシローを展開するフード&ライフカンパニーズは、タイではバンコクを中心に年間5~6店舗のペースでの出店を計画している。水留浩一社長は4月、タイでは3号店まで出店が決まっていると説明。ただし、3号店の具体的な出店場所や時期は現時点で明らかにしていない。

同社の広報担当者は、NNAに対し「コロナ禍による営業面での影響はあるが、今後の出店に関して現時点で大きな変更はない。立地を厳選した優良物件への出店を行い、事業立ち上げに注力していく」と説明した。

■海外店舗比率を10%超へ

フード&ライフカンパニーズの2021年9月期の決算説明資料によると上半期(20年10月~21年3月)の売上高は前年同期比10%増の1,190億円、純利益は53%増の77億6,000万円を計上。コロナ禍で営業時間などが制限される中、日本国内外でスシローの新店出店を進めたことが2桁の増収増益につながったと説明している。

引き続き、海外出店を積極的に進める方針で、今年9月末までに中国本土に1号店を出店する計画を明らかにしている。本年度中に海外売上高200億円、海外店舗比率10%超を計画している。

6月2日時点のスシローの海外店舗数は計50店。国・地域別の内訳は、韓国が9店、台湾が22店、香港8店、シンガポール9店、タイ2店となっている。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1.46万人、死者は171人(17日)(09/17)

モデルナ製ワクチン、12~17歳への接種承認(09/17)

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(00:21)

浦和レッズ、地元クラブと提携 筆頭株主の三菱重工は商機に期待(09/17)

【ウィズコロナ】「数学学習はAIにお任せ」 韓国エドテック熱く(下)(09/17)

新規感染者1.39万人、死者は188人(16日)(09/17)

工業連盟、今年の車生産155万台達成に自信(09/17)

法定最高速120キロ、来年3月に8カ所追加(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン