• 印刷する

テイクオフ:石造の要塞(ようさい)…

石造の要塞(ようさい)跡は厳かな雰囲気で、こけむした石壁はスタジオジブリの作品「天空の城ラピュタ」の空飛ぶ城をほうふつとさせる。スペイン統治時代の古い街並みが残るイントラムロス。政府がマニラ首都圏などの外出・移動制限措置を条件付きで緩和したため、一部の観光スポットが営業を再開した。

イントラムロスの観光名所は新型コロナウイルスが流行して以来、閉鎖を余儀なくされていた。今年2月に観光客の受け入れを再開したものの、感染者の急増で約1カ月後には最も厳しい制限措置に戻り、再び閉鎖に追い込まれた。

コロナ前は年間約330万人が訪れていた観光地だったが、以前のにぎわいが戻ってくるのはいつになるだろうか。感染者数は減少傾向にあるが、依然として高い水準にある。このまま順調に落ち着いていくことを願うほかない。(凪)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに6686人感染(06/11)

新型コロナ、新たに8027人感染(09:49)

経済活動、一段の緩和も 首都圏と周辺州、政府検討(06/11)

新型コロナ、新たに7485人感染(06/11)

政策金利2.0%を維持、5会合連続(06/11)

マカティ市、従業員ら向け接種会場開設(06/11)

ワクチン調達、1千万回分超え(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン