米飲食など、3社がカンボジア進出検討

フランチャイズコンサルタントの米エドワーズ・グローバル・サービシズは、レストランなどを展開する米国の3ブランドが、カンボジア進出を検討していることを明らかにした。6~12カ月の準備期間を経て、早ければ来年にも、フランチャイズ契約で営業を開始する見通しという。クメ…

関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: 食品・飲料サービス


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染抑制の徹底化、首都の工場に指示(06/18)

バベット高速道建設、中国企業に再調査要請(06/18)

1~4月の外国人旅行者、93%減の8.2万人(06/18)

【カンボジア経済通信】フィンテックが発展、日本企業も注目 第370回(06/18)

不動産HLH、カンボジアで農業ハブ開発(06/18)

感染者4万人突破、首都市場は再開(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン