国営電力、23年以降は火力発電所に着手せず

インドネシアの国営電力PLNは7日、2023年以降は新たな石炭火力発電所の建設に着手しない方針を明らかにした。太陽光など再生可能エネルギー発電所のみ建設する。コンタン(電子版)が7日伝えた。 PLNのズルキフリ・ザイニ社長は、火力発電所の新たな建設は、現在政府が進…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

8~12月の祝日・有給消化日変更、感染対策(19:35)

エネ鉱省、石油・ガス6鉱区の入札公示(17:46)

炭層メタンガス、22年に国内初の生産開始へ(17:09)

国際競争力、前年から3ランク上昇の37位(16:55)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

トヨタ「ライズ」6千件超成約 未発売エンジンモデルの前倒しも(06/18)

首都の対面授業、試験実施を一時停止(06/18)

6月政策金利3.5%、4カ月連続で据え置き(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン