• 印刷する

シンガポール取引所、AIなどで監督強化へ

シンガポール取引所(SGX)の規制業務統括部門シンガポール・エクスチェンジ・レギュレーション(SGX RegCo)は、人工知能(AI)や「レグテック」を使ったソリューションの導入で上場企業の監督を強化する。財務上のリスクや規則違反を迅速かつ効率的に洗い出すのが狙いだ。

レグテックは「Regulation(規制)」と「Technology(技術)」を合わせた造語。最新技術を活用して、規制対応をデジタル化することを指す。

SGX RegCoは、AIや機械学習の技術などを導入することで、上場企業の監督を強化する。

具体的には、上場企業が公開しているデータを自動的に分析。未回収の長期売掛金の増加や資産の大幅な評価減、運転資金の枯渇といった経営上のリスクや規則違反の兆候を把握し、早期に対応できるようにする。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

店内飲食、21日に解禁 最大2人、関係者から安堵の声(06/18)

新規感染16人、市中は14人(18日)(06/18)

店内飲食21日に解禁、2人組まで可(06/18)

国際競争力ランク、世界首位から5位に後退(06/18)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

シンガポール航空、業績が回復基調に(06/18)

5月輸出額は9%増、6カ月連続プラス成長(06/18)

3月求人数、過去最高の6万8400件(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン