• 印刷する

M&Mも工場一時閉鎖、保守作業を前倒し

インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は3日、5月中に国内の自動車生産工場を4日間閉鎖すると発表した。新型コロナウイルス感染症の急拡大を受けた措置で、6月に予定していた保守作業の日程を前倒しする。

各工場はそれぞれ時期をずらして稼働を停止するという。M&Mは声明で、「国内各地のロックダウン(都市封鎖)の影響を最小限に抑えるべく販売店やサプライヤーとの連携を密にしていく」との方針を示した。

インドではスズキ、ホンダ、トヨタ自動車などの現地法人も新型コロナの感染急拡大により工場の一時停止を決めている。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

ATMの平均引き出し額増加、コロナ影響で(17:09)

テイクオフ:インドの新型コロナウイ…(05/17)

インド変異株、感染じわり増 新たに10人確認、対策強化でも(05/17)

冷蔵電動三輪車を今月出荷へ 地場オメガ、貨物車のテスラに(下)(05/17)

新型コロナの変異型、新たに31人感染(05/17)

デリーとハリヤナの封鎖、24日まで延長(05/17)

マハラシュトラ州の封鎖、6月1日まで延長(05/17)

石油資源開発、加のシェールガス権益を売却(05/17)

二輪ロイヤルが工場停止、13日から4日間(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン