金融機関が相次ぎオフィス縮小 不動産市場への影響は軽微

シンガポールの金融機関でオフィススペースを縮小する動きが相次いでいる。新型コロナウイルスの流行で在宅勤務が常態化する中、オフィスの最適化が進められているためで、同国の大手3行のほか、外資系銀行もオフィス面積を縮小している。一方、コワーキングスペース(共用オフィ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

4月輸出額は6%増、5カ月連続プラス成長(19:07)

職場の安全・健康管理違反、摘発急増(19:07)

飲食・小売業向け支援再開、感染対策強化で(19:07)

日本旅行、オンライン買い物ツアー初開催(19:07)

DBS子会社、暗号通貨信託サービスを開始(19:07)

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(05/17)

在宅勤務基本、店内飲食禁止 16日から、経路不明の感染増で(05/17)

学校を在宅学習に移行、19日から10日間(05/17)

ワクチン2回目の接種時期、割当増へ延期も(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン