ウイグル問題に一切答えず、良品計画社長

【共同】良品計画の松崎暁社長は14日のオンラインでの決算発表会見で、中国新疆ウイグル自治区で生産される新疆綿に強制労働の懸念が広がっている問題について、一切の言及を避けた。同社は文書を公表し、新疆綿の調達や取引継続を認めた上で、商品の製造過程で「法令や行動規範に…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: 小売り・卸売り政治


その他記事

すべての文頭を開く

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

ホンダ二輪販売、4月は3倍の19.1万台(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

いすゞ、「D―MAX」の新モデル発売(05/12)

岡山県に家電の新工場、アイリスオーヤマ(05/12)

ダイキン11年ぶり減収、業務用エアコン落ち込む(05/12)

マツダ新車販売、4月は10.9%減の1.5万台(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン