• 印刷する

ピザの米パパジョンズ、3年で15店舗開設へ

ピザチェーンを運営する、米パパ・ジョンズ・インターナショナルは7日、向こう3年間でカンボジアに15店舗を開設する方針を明らかにした。同社は先月下旬、首都プノンペンに旗艦店を開店している。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

カンボジア事業は、ピーター・シュー(Peter Xu)氏がフランチャイズ権を保有している。同氏は、米ニューヨークでパパ・ジョンズの店舗をフランチャイズ経営した実績を持つ。

パパ・ジョンズのジャック・スウェイスランド(Jack Swaysland)最高執行責任者(COO)は、「ブランドの長期的な成長には海外市場の開拓を進めることが不可欠」と述べた上で、カンボジア市場について「アジアの重要な新規パートナーだと考えている」とコメントした。

パパ・ジョンズは現在、世界48カ国・地域で事業を展開している。


関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

首都レッドゾーン範囲縮小、都市封鎖解除で(05/07)

投資認可6件、ホテルなど総額1億ドル超(05/07)

新興市場のデフォルト率、年内に4%へ低下(05/07)

新規感染938人、1日の最多更新(05/06)

印・東南アで感染が再拡大 相次ぎ制限強化、経済回復に暗雲(05/06)

工場95カ所が再開、1万5千人が職場復帰(05/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン