• 印刷する

プラリサイクル産業は重要な役割=産業相

インドネシアのアグス産業相は、プラスチックのリサイクル産業が、持続可能なエコシステムの構築やプラスチックの輸入削減に向けて重要な役割を果たしているとの見解を示した。国営アンタラ通信が6日伝えた。

同相は「プラスチックのリサイクル産業は、プラスチック原材料の供給で大きな役割を果たしている」と指摘。「インドネシアでは飲食品の包装材にプラスチックが多用されているが、これらはリサイクル産業により適切に処理されなければ環境に悪影響を与える」と述べ、「持続可能なエコシステムを整備してプラスチック輸入を削減するためには、より多くのリサイクル事業者が必要だ」と強調した。

産業省によると、インドネシアのプラスチック原材料の需要量は年間720万トン。一方で、国内生産量は230万トンにとどまっている。

また、廃プラスチックの年間需要量200万トンのうち、国内供給量は91万3,000トンにとどまり、残り108万7,000トンは輸入されている。

アグス産業相は5日、西ジャワ州ブカシ県のデルタマス工業団地で、オーストラリア系の飲料大手コカ・コーラ・アマティル・インドネシア(CCAI)の合弁会社が建設するペットボトル容器のリサイクル工場の起工式に出席した。

コカ・コーラの合弁会社が建設するペットボトル容器リサイクル工場の起工式に出席するアグス産業相(産業省提供)

コカ・コーラの合弁会社が建設するペットボトル容器リサイクル工場の起工式に出席するアグス産業相(産業省提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

民主派、首脳会議参加に意欲 国軍への経済制裁を要請(04/23)

5月24日まで移動規制を強化 帰省禁止の一環で、警戒強める(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

民間ワクチン接種、5月第3週開始に延期(04/23)

アストラが電子マネー事業、アプリも投入(04/23)

バタン工業団地、基礎インフラ建設に着手(04/23)

ハンガリー、インドネシアへの投資基金設立(04/23)

財務相、30年までに輸出企業50万社追加(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン