• 印刷する

ABIの大連工場でスト発生、待遇不満で

ベルギーのビール世界大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)の遼寧省大連市の全額出資子会社、大連大雪ビールで今月初め、現場従業員によるストライキが発生していたことが分かった。待遇への不満が原因で、ABIは大連大雪ビールの買収から1年経たずに労働争議が起こったことになる。

10日付北京商報によると、ストは今月5日から7日まで3日間行われ、現場従業員1,000人余りが参加した。期間中は全ての生産が停止、従業員が会社の門をふさぎ、運搬トラックを会社敷地内に入れさせなかった。

ストは給与や福利厚生など待遇の低さが原因。従業員によると、管理層の給与、福利厚生は全て外資企業としての待遇なのに対し、現場従業員には優遇が何もなく、昨年予定されていた一部手当ての支給もなかったという。

ABIの関係者は9日、大連大雪ビールでストがあったことを認め、従業員側との話し合いを通じて、現時点までに生産が再開していることを明らかにした。ただ話し合いの詳細については触れていない。

ABIは昨年2月、大連大雪集団とキリンホールディングスの中国現地法人、麒麟(中国)投資から大連大雪ビールの全株式を取得した。大連大雪ビールの設立は1987年で、省内シェアは上位3位内。「大雪」「大棒」「小棒」ブランドなどのビールを生産販売し、2010年の販売量は20万トンを超えた。

10年6月には、デンマークのビール大手カールスバーグが重慶ビールの株式を取得することに反対して、重慶ビールの従業員によるストが発生していた。<大連>


関連国・地域: 中国-大連日本欧州
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝晩にランニングをして…(04/21)

中国IT大手が存在感 上海MS、車両ハイテク化が加速(04/21)

5G利用端末2.6億台、世界最大級の通信網(04/21)

日米が楽天を共同監視、中国への情報流出警戒(04/21)

中国経済は年内「力強く成長」、朱民氏(04/21)

経済安保が重要課題に、効率優先曲がり角(04/21)

新5カ年計画で工業ネット促進、科学技術省(04/21)

アナンダ、中国・香港でコンド販売強化(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン