政府、太陽光発電抑制を検討 供給ラッシュ、価格3割超下げも

ベトナム政府は、太陽光発電を主力とする再生可能エネルギーの発電量を抑制する方向で検討に入った。計画を上回る太陽光発電所の開発ラッシュと新型コロナウイルス感染拡大後の需要低迷で供給過剰が発生し、送電網に過重な負担が掛かっているためだ。政府内では固定価格買い取り制…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ビンG、EV電池工場建設へ ハティン省承認、440億円投資(10/22)

9月の東南ア訪日者は47%減、低水準続く(10/22)

市中感染3618人増、4波累計87.3万人(10/22)

ハノイ―HCM間に高速鉄道、開発計画決定(10/22)

鉄道利用、レベル4地域以外は検査不要に(10/22)

国内線の規制緩和、免疫獲得か検査で搭乗可(10/22)

タクシー・ビナサン、3Q業績は過去最低(10/22)

JICA、都市鉄道の安全運行へ研修支援(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン