エネ規制委、原油高も燃料調整金を据え置き

タイのエネルギー規制委員会(ERC)は、電気料金に含まれる燃料調整料金(FT)を現在の1ユニット(キロワット時=kWh)当たりマイナス0.1532バーツ(約0.54円)に据え置くことを決めた。原油価格は上昇しているが、据え置きが適切と判断した。バンコクポストが6日報じた…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

市中感染1454人、死者2人(21日)(18:10)

米ファイザー製ワクチン、年内調達へ交渉(19:36)

テイクオフ:コンビニのレジで店員が…(04/21)

新型コロナの感染2人確認、累計60人に(04/21)

米の通貨政策監視、2期連続 バーツ安は進行も対米黒字削減へ(04/21)

市中感染1441人、死者4人(20日)(04/21)

鴻池運輸、重量物輸送会社の保有株を売却(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン