• 印刷する

NZの2月新車8%増、同月単月で過去最多

ニュージーランド(NZ)自動車産業協会(MIA)が2日に発表した2月の新車販売台数は、1万2,358台と前年同月比8%増となり、2月単月では過去最多となった。NZ経済が新型コロナウイルスの感染流行からの回復基調にある中、在庫拡大で販売可能車両が増えたことなどが奏功した。

車種別の新車販売台数は、乗用車が9.1%増の8,634台となり、商用車も5.6%増の3,724台だった。

メーカー別市場シェアは、トヨタ自動車が16%で1位を維持し、2位は三菱自動車(13%)だった。3位には起亜が浮上し8%で、前月3位のフォードは1台少なかったことで4位になった。

モデル別では、トヨタ「ハイラックス」が前月から順位を上げて1位となった。2位は三菱自動車の「アウトランダー」で、前月1位のフォード「レンジャー」は3位だった。

また、電気自動車(EV)は181台、プラグインハイブリッド車(PHV)は80台、ハイブリッド車は752台だった。

MIAのクロフォード代表は「消費者は海外旅行に行けないことで、消費意欲が新車購入に向けられている」と述べた。


関連国・地域: ニュージーランド日本米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:豪中の外交関係の悪化が…(04/23)

VIC州の一帯一路覚書を破棄 豪「国益反する」、中国は報復も(04/23)

中国今度は干し草、輸出停止で豪業界に波紋(04/23)

豪、越のワクチン支援に1050万米ドル(04/23)

神華集団、NSW炭鉱の開発計画を断念(04/23)

豪貿易相、欧州歴訪後に英でFTA協議へ(04/23)

JAL、シドニー―成田便を6~8月運航(04/23)

豪アレグロ、トール物流部門の黒字化に自信(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン