【アジア三面記事】突然潤う村

■突然潤う村 インドネシアのジャワ島北岸にほど近い村落一帯で、住民の懐具合が急によくなったと話題になっている。国営石油プルタミナが事業のため同地の土地を一斉に買収したためで、これまでに少なくとも255人が土地を売却。中には1億円超えの売却益を手にした人もいる。コン…

関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

豪NEC、国防省に量子計算サービス実演(18:05)

シティの消費者事業、現地2行も買収検討(19:41)

クーデターで対日輸出3割減 政情悪化、打撃拡大の兆し(04/21)

次世代産業育成に環境整備急務 グラブの米国上場で課題浮き彫り(04/21)

【この人に聞く】変わるビジネス環境 ジェトロ、日本の投資を後押し(04/21)

日系2社、豪新興ファンドに出資 日本進出を後押し(04/21)

デンソーが首都の工場稼働停止、都市封鎖で(04/21)

東芝買収は事実上撤回、英ファンド「検討中断」(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン