【探訪】バガンの守られるべき価値

2月1日に発生した国軍による事実上の「クーデター」は、ミャンマーの日常を一転させてしまった。社会一丸となって抗議活動を展開する市民、これを封じ込めようとする国軍との間で対峙が続いている。世界遺産を擁する中部の遺跡都市バガンも、その渦中に巻き込まれてしまった。 …

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

北角さん解放願う声広まる「果敢に取材」(16:45)

花挿した靴に血のペンキ、続く無言の抗議(16:53)

クーデター後の死者、19日までに738人(16:53)

EU、国軍系複合企業2社などに制裁(16:53)

「2つの政府」混乱が現実味 民主派、軍政を徹底的に否定(04/20)

テイクオフ:ソン・ガンホ主演の「タ…(04/20)

「虚偽ニュース」で拘束、日本人フリー記者(04/20)

北角さんの即時釈放を、国際ペンなど声明(04/20)

「民政復活」占いに希望、弾圧下の市民(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン