人権理由の米国輸入禁止、中国に次ぐ企業数

強制労働を利用した製品の米国への輸入を禁止する「違反商品保留命令(WRO)」の対象企業が、マレーシアは中国に次いで2番目に多いことが分かった。マレーシアでは、農園運営大手サイムダービー・プランテーション(SDP)など4社がWROの対象となっている。9日付マレー…

関連国・地域: 中国マレーシア米国
関連業種: 農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/16)

UMWトヨタ、1Q販売は61%増の1.7万台(04/16)

日野自、起業家育成機関に中型バス32台納入(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ツリーレティック、隣国へ電動二輪車輸出へ(04/16)

RM1=26.4円、$1=4.13RM(15日)(04/16)

異物検知の実証実験第2期開始、首都空港で(04/16)

建材サラワク、マレー半島進出へ企業買収(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン