【ミャンマー進出関連法】在ミャンマー日本人弁護士の視点から分析したクーデター 第276回(特別編)

本稿では、2月1日に発生したクーデターについて法的観点から分析し、関連する憲法の規定を紹介する。 ■第1.はじめに 2月1日未明にアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相、ウィン・ミン大統領および国民民主連盟(NLD)幹部が拘束された(以下「本件」という)。同日午前…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

民主派の統一政府が発足、国軍統治揺るがす(01:55)

軍トップASEAN首脳会議出席へ、24日で調整(04/17)

ミャンマー正月で恩赦、2万人超釈放(04/17)

正月も、デモや抗議主導者の拘束加速(04/16)

ミャンマー国境輸出、21年は6%減の見通し(04/16)

ポスコ、ミャンマー国軍系と合弁解消へ(04/16)

北部で国軍100人死亡か、武装勢力と衝突激化(04/16)

国軍、シャン州武装勢力2団体との関係強化(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン