• 印刷する

インド繊維省とニッセンケン、覚書を締結

インド繊維省は27日、同省傘下の繊維委員会と日本の繊維製品試験・検査機関ニッセンケン品質評価センター(東京都台東区)が、インド繊維産業向け支援事業で覚書を締結したと発表した。日本への繊維・衣類製品の輸出拡大が狙い。

インドと日本をビデオ会議システムでつなぎ、署名式を行った。インド政府からはスムリティ・イラニ繊維相、日本政府からは経済産業省の長坂康正副大臣が立ち合った。

インドで生産する繊維製品が日本産業規格(JIS)に準拠した品質を保持できるよう、ニッセンケンが品質改善や検品、能力育成などの分野でノウハウを提供する。共同で研究・開発(R&D)なども実施する。

インドと日本は2011年に包括的経済連携協定(CEPA)を締結したものの、その後もインドから日本への繊維・衣類製品の輸出は伸び悩んでいる。日本が繊維・衣類の輸入大国であることから、インド政府は日本市場には開拓の余地があると期待している。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:多様な国民の需要に合わ…(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

タタEVへの補助金停止 デリー政府が決定、航続距離懸念(03/03)

2月の二輪販売、前年比で6社がプラス成長(03/03)

工具ビルラプレシジョン、ドリルの生産強化(03/03)

バーラト石油、アッサム製油所の全株売却(03/03)

ドバイ企業、西部州に貨物コンテナ工場設置(03/03)

IATA旅行パス、インドでの運用に向け協議(03/03)

双竜自2工場が稼働再開、再建めど不透明(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン