コロナワクチン、タタとモデルナが予備協議

インドの財閥タタ・グループ傘下のタタ・メディカル・アンド・ダイアグノスティクスが、米バイオテクノロジー企業モデルナとの予備協議に入っているもようだ。見据えるのは、モデルナの新型コロナウイルスワクチンのインド国内での展開だ。エコノミック・タイムズ(電子版)が25日…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナのワクチン接…(03/02)

2割が高度デジタル技能習得 6カ国最多、さらなる先端技術へ(03/02)

高齢者のワクチン接種始まる 民間病院も多数、感染は6州で拡大(03/02)

2月の乗用車販売、主要6社がプラス成長(03/02)

2月の商用車販売、4社が2割以上増加(03/02)

AT車の人気、中古車市場で高まる=調査(03/02)

スターリング、EV充電で伊社と合弁(03/02)

首都圏のメトロ駅周辺、ミニバスが運行開始(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン