• 印刷する

豪州、年内に英・EUとのFTA締結が目標

オーストラリア連邦政府のテハン貿易相はこのほど、英国と欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)締結交渉の年内合意を目指す方針を示した。豪中関係が悪化する中、中国以外の新たな市場開拓を急ぐとしている。その一方で、豪中間の貿易摩擦解消に向け、中国政府との対話を模索していくことを明らかにした。また、米国のバイデン新政権と緊密に連携し、米国の環太平洋連携協定(TPP)復帰を促す構えを見せた。地元各紙が伝えた。

テハン貿易相は「FTAが締結されれば、新たに5億人規模の市場拡大が見込める」と説明し、「交渉は可能な限り迅速に進める計画で、年内にも英国とEUそれぞれとの間で合意に至れば理想的だ」と話した。同相は21日、英国のトラス国際貿易相と交渉前進に向けて対話を行っている。

オーストラリアがFTA交渉を急ぐ背景には、緊迫する豪中関係がある。中国政府はこれまで、農産物をはじめとするさまざまなオーストラリア産の商品に対し輸入制限措置を講じてきた。オーストラリア政府は現在、中国の港に入港できず海上に停泊中の60隻以上のオーストラリア産石炭の貨物船を巡り、中国政府との対話を模索するも難航している。テハン貿易相は「失望している。長期戦が予測されるが、粘り強く対話の糸口を探っていく」と述べた。

また、米国のTPP復帰に関し、同相は「復帰が可能かどうかを見極めたい」とコメント。「米国のTPP復帰を促すことは、バイデン新政権との間における重要な優先課題の一つだ」として、米通商代表部(USTR)の代表に就任するキャサリン・タイ氏と緊密に協議していく意向を示した。

■12月貿易速報値、対中輸出21%増

豪政府統計局(ABS)が25日に発表した、昨年12月の貿易収支(速報値)は、中国向け輸出額が前月比21%増だった。鉱物資源の輸出額は25%増加し、穀物は681%増だった。中国はオーストラリアに対してさまざまな貿易制限を課しているものの、オーストラリアの対中輸出は拡大した。

一方、日本向け輸出は24%増で、鉱物資源が44%増となった。一般炭と原料炭はそれぞれ、38%増と62%増だった。


関連国・地域: 中国オーストラリア日本米国欧州
関連業種: 農林・水産運輸天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの食事は…(03/01)

豪インフラ、590億$投資機会 諮問機関が最新優先リストを発表(03/01)

シドニー都市計画政策、新コロナの影響反映(03/01)

ブリスベン、五輪の目玉に新スタジアム検討(03/01)

パースの住宅価格の上昇率、今年は豪最大に(03/01)

VIC州、オフィス通勤者割合を75%に緩和(03/01)

豪、ワクチン製造など国内の医療開発拡大へ(03/01)

FB、豪州記事の閲覧・共有を再開(03/01)

アフターペイ、預金アプリで大手銀行に対抗(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン