ワクチン保冷器開発、零下70度18日間維持=パナ

【共同】パナソニックは21日、新型コロナウイルスのワクチン輸送や保管に使える保冷ボックスを開発したと発表した。電源を使わず、ドライアイスなどの保冷剤で零下70度の環境を最長18日間維持できる。低温管理が必要な米製薬大手ファイザーやモデルナのワクチンにも対応が可能。3…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

新規ODA見直しで動揺も 進出企業、インフラ中心に関与(02/26)

テイクオフ:長引くコロナ禍に、最後…(02/26)

三菱UFJがウェブ商談会 ダナモン銀と共催、26日まで(02/26)

コロナ下の飲食、衛生で明暗 中高価格帯の店舗、集客後押し(02/26)

シンガポール航空、3月2日から羽田便再開(02/26)

AI広告のエイピア、3月末にマザーズ上場(02/26)

スーパー紀ノ国屋、海外で初販売(02/26)

カンタス、日本など国際線再開を10月末に延期(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン