工作機械受注9018億円、10年ぶり1兆円割れ

【共同】日本工作機械工業会が21日発表した国内工作機械メーカーの2020年の受注総額(確報値)は、前年比26.7%減の9,018億円だった。1兆円を下回ったのは10年の9,786億円以来、10年ぶり。 内訳は、内需が34.2%減の3,244億円で、外需が21.6%減の5,773億円。新型コロナウイルス…

関連国・地域: 日本
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

MRT横断線第1期、大成建設らに発注(18:34)

定期航空便、再開めど立たず 新型コロナ下の日越往来(上)(03/08)

ドンキ1号店、19日開業 首都の商業施設「ロット10」で(03/08)

【書籍ランキング】2月18日~2月24日(03/08)

日鉄合弁、製鉄所新設へ 5千億ルピー投資の可能性も(03/08)

新車への搭載義務化を商機に 消火器の浦野、日系で唯一拠点(03/08)

ネット通販「国内1位に」、ヤフーLINE統合(03/08)

タイ日産の社長交代、4月に関口氏就任へ(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン