ワクチン接種証明書の導入、上院で法案提出

フィリピン上院で20日、新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを示す公的証明書を導入する法案が提出された。「ワクチンパスポート」と呼ばれ、国内外の移動や公共の場への出入り、集会への参加などの際に所持が義務付けられる可能性がある。 法案はワクチン接種を完了した…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

南ア型変異株、新たに52人の感染確認(15:13)

従業員向けにワクチン調達 大手企業、無料で接種促進へ(03/05)

ワクチン第2弾到着、アストラゼネカ製(03/05)

コロナ感染新たに2452人、計58万4667人(03/05)

ピナツボ火山、警戒水準「1」に引き上げ(03/05)

無印良品、オルティガス店を改装(03/05)

セブン銀、ATM事業を開始(03/05)

労働相、従業員へのワクチン強要は「違法」(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン