【法務事例】第37回 M&Aと租税条約

■事例 日本企業X社は、以下二つの取引を検討しているが、株式の取引に際してインドネシア法上の源泉徴収義務が発生するとの話を聞き、詳細を調査している。 1)X社は、インドネシアに子会社A社を有しているところ、別の日本企業Y社がA社の株式取得に興味を示したため、A…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタ郊外の新興住…(03/08)

新車への搭載義務化を商機に 消火器の浦野、日系で唯一拠点(03/08)

車載電池の持ち株会社、6月設立を前倒しも(03/08)

タイ日産の社長交代、4月に関口氏就任へ(03/08)

国営企業相、中小規模企業の民営化を計画(03/08)

国営石油、12月にグリーンディーゼルを生産(03/08)

金資産を管理、ブリオンバンク検討=調整相(03/08)

国内航空各社、無料コロナ抗原検査を実施(03/08)

ECの価格設定に関する規制導入へ=貿易相(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン