20年の住宅販売は半減 10~12月は持ち直し、金利低下で

インド主要7都市の2020年の住宅販売数は、新型コロナウイルス感染症の影響で前年から半減した。通年の販売は47%減の13万8,350戸。新型コロナ対策の全土封鎖があった4~6月に前年同期比8割減に落ち込んだことが響いた。ただ、金融緩和でローン金利が低下したことなどを受け、1…

関連国・地域: インド
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

本年度の自主廃業、2月までに1万社超(16:22)

テイクオフ:日本の昔の漫画には、登…(03/09)

【スタートアップ大国】低コストな培養肉を開発 クリアミート、2年以内に発売へ(03/09)

配車オラ、電動二輪工場に総額20億米ドル(03/09)

車部品の輸入条件、緩和すべき=シュコダ(03/09)

EV充電、デリー政府が企業などに整備要請(03/09)

サンルーフの独ベバスト、プネに新工場設置(03/09)

企業景況感、10年ぶりの高水準に回復(03/09)

コロナで減収懸念、都市部の6割が消費に制約(03/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン