• 印刷する

《安全》6州にも厳格な制限令、22日から

マレーシアのイスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(治安担当)は19日、ペルリス、クダ、ペラ、トレンガヌ、パハン、ヌグリスンビランの6州に厳格な活動制限令を敷くと発表した。期間は今月22日~2月4日の14日間。

各地での新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受けての措置で、これにより、国内で厳格な活動制限令が施行されていないのは東マレーシア・サラワク州(一部地域を除く)のみとなる。

政府は今月13日以降、クダ、ペラ、トレンガヌ、パハン、ヌグリスンビランの5州には一部の活動を制限した条件付き活動制限令、ペルリス州には最も制限の緩い回復活動制限令を敷いていた。

■ス州は4日連続千人台

マレーシア保健省は19日、国内で新型コロナの感染者を新たに3,631人確認したと発表した。輸入症例の7人を除き、国内感染だった。州・連邦直轄区別ではスランゴール州が1,199人で、4日連続で1,000人の大台を超えた。

スランゴール州のほか、サバ州の526人、首都クアラルンプールの521人、ジョホール州の368人、ヌグリスンビラン州の139人、クランタン州の133人などが州・連邦直轄区別で多かった。

18日には感染者2,944人が退院、または自宅隔離を終え、回復者は12万5,288人となった。累計感染者(16万5,371人)に占める回復者の割合は75.8%で、前日から0.1ポイント上昇した。一方、14人が亡くなり、死者は619人となった。累計感染者に占める死者の割合は0.4%で前日から横ばい。

現在、集中治療室(ICU)で238人が治療を受けており、うち96人が人工呼吸器を装着している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューノーマル(新常態…(03/03)

ASEAN加盟国の非難強まる ミャンマー情勢、主要国が自制要請(03/03)

首都圏などで活動制限令緩和 条件付きに移行、地区間移動解禁(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

20年の投資認可額、22%減の1640億リンギ(03/03)

新規感染1555人、2日連続千人台(03/03)

RM1=26.4円、$1=4.06RM(2日)(03/03)

製造業景況感、20年下期に持ち直し(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン