• 印刷する

2020年の自動車生産台数、46.5%減の69万台

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、2020年の自動車生産台数は前年比46.5%減の69万150台だった。

新型コロナウイルスの影響による工場の一時停止や減産を受け、全ブランドが2桁減少した。首位のトヨタはOEM(相手先ブランドによる生産)も含めて44%減の約29万台。シェアは41.8%と、前年から1.7ポイント上昇した。19年はシェア9.7%で国内5位だったスズキは、シェアが13.3%に上昇し2位に浮上した。一方で三菱自動車は15.0%だったシェアが3.1ポイント低下した。

完成車(CBU)の輸出台数は3割減の23万2,175台。部品を輸入して現地で組み立てる完全ノックダウン(CKD)モデルの輸出台数は6割減の5万3,032台。部品の輸出個数は23%減の約6,118万個だった。

CBU輸入台数は53.5%減の3万4,353台だった。12月から新たに中国の上海汽車集団(SAIC)傘下の英MGモーターの台数が統計に反映された。同月は輸入台数、販売台数(ディーラーへの出荷ベース)共に377台だった。地場自動車ディーラー、ユーロカーズグループ・インドネシアが昨年3月、MGの代理販売を開始すると発表していた。

販売台数(確定値)は前年比48.5%減の53万2,027台だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:幼い頃、塗り絵が好きだ…(03/03)

ベンチャー投資、誘致に気運 成功例少なく体制作りが課題(03/03)

ASEAN加盟国の非難強まる ミャンマー情勢、主要国が自制要請(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

酒造業への投資容認を撤回 大統領、宗教団体からの反対受け(03/03)

英国型変異株、インドネシアでも初確認(03/03)

民間ワクチン、政府の先行接種と違う4種で(03/03)

コロナ後はデジタルと人材開発が鍵=シンポ(03/03)

政府調達、小企業の上限額を6倍に引き上げ(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン