工業連盟、米国タイヤAD関税の影響を懸念

タイ工業連盟(FTI)は、同国製タイヤの最大の輸出先である米国が、乗用車タイヤなどに反ダンピング(不当廉売、AD)関税を課すことを決めたことについて、国内の自動車や農業などさまざまな分野に重大な影響を及ぼす可能性があると警告している。15日付バンコクポストが伝え…

関連国・地域: 中国タイ米国
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「世界の新規感染者が目…(02/25)

コロナワクチンの第1弾到着 中国と英国製、近く13都県で接種(02/25)

閣僚3人らが有罪、13~14年の首都騒乱で(02/25)

市中感染71人、5日連続2桁台(24日)(02/25)

人民銀、デジタル通貨の国際研究に参加(02/25)

レッドラインが3月末から試運転、7月開業(02/25)

首都電車公団、ピンクライン支線建設で契約(02/25)

金管局、デジタル決済でUAEなどと提携(02/25)

バンスー駅の商業開発、5月に再入札見通し(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン