台湾が対米関係構築推進、中国は新政権見極めも

【台北、北京共同】台湾総統府の報道官は13日、クラフト米国連大使の訪台中止について「残念」と表明した。ただ、蔡英文政権は米国の台湾支持がバイデン新政権下でも基本的に揺らぐことはないとみており、引き続き米国との緊密な関係構築を推進していく方針だ。 一方、中国はクラ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本にいる母は昔から、…(02/25)

1月の輸出受注が過去最高 前年比49%増、閑散期も伸び続く(02/25)

欣興、資本的支出を過去最高の270億元に(02/25)

ファウンドリー3社が給水車、生産確保へ(02/25)

ファウンドリー3社、今年売上高6百億$へ(02/25)

義隆がMCU受注を一時停止、供給できず(02/25)

車メモリー需要、向こう3年は年3割拡大(02/25)

富智康が中国北部で人材募集、スマホ強化か(02/25)

徳麦が今年2桁増収へ、中国工場稼働などで(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン