20年のM&A取引額2割増 企業価値が低下、低金利も後押し

フィリピン競争委員会(PCC)によると、2020年に審査した合併・買収(M&A)の取引総額は、前年比19.9%増の9,090億ペソ(約1兆9,720億円)だった。新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した中小零細企業の価値が低下する中、歴史的な低金利で資金を確保するなどした大手企…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「低リスク」は隔離免除、対象リストも更新(10/15)

新型コロナ、新たに7625人感染(10/15)

入国隔離免除、方針見直しへ 政府で未調整、16日以降に新規制(10/15)

新型コロナ、新たに7835人感染(10/15)

首都圏の外出制限、ガイドラインを改定(10/15)

首都圏の感染ペース鈍化傾向、比大機関(10/15)

労働省、賞与支給へ雇用主に融資検討(10/15)

事業者支援は助成より制限緩和、経済開発庁(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン