• 印刷する

台湾企業、超低温配送ソリューションを開発

台湾のIT企業FOX―TECH(フォックス・テック)は17日、超低温の摂氏マイナス80度を24時間維持する配送ソリューションを開発したと発表した。摂氏マイナス70度での保管が必要な米ファイザーの新型コロナウイルスワクチンに対応するソリューションという。

ソリューションの名称は「Pelican(ペリカン)」。ワクチンを運ぶフリーザーは摂氏マイナス80度を電力的に24時間保てることが特長で、摂氏マイナス40度~マイナス86度の幅で調整可能。1台当たりのワクチン輸送能力は2万回分。来年1月から販売し、販売価格は1台当たり100万台湾元(約367万円)。

フリーザーはワクチンの超低温配送に使用でき、電源をつなげば保管庫となる。衛星利用測位システム(GPS)機能が付いた温度モニタリング設備を搭載しており、リアルタイムでフリーザーの温度や場所を確認できる。

フリーザーの月産台数は6,000台。生産は台湾EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の緯創資通(ウィストロン)に委託している。現在は欧州各国やシンガポールの政府機関、物流会社と販売に向けた交渉を進めているという。

フォックス・テックは2016年、新北市板橋区で設立。モノのインターネット(IoT)プラットフォームを通じて、温度や湿度の監視ソリューション「TEMPHAWK」を提供している。

台湾のIT企業FOX―TECHは、超低温の摂氏マイナス80度を24時間維持する配送ソリューションを開発した(同社提供)

台湾のIT企業FOX―TECHは、超低温の摂氏マイナス80度を24時間維持する配送ソリューションを開発した(同社提供)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品化学運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:車はないが、家なら持っ…(10/20)

新興企業の国際知名度向上へ 9社を選定、蔡総統が表彰(10/20)

新型コロナの域内感染、19日は1人(10/20)

台北市長、政府のワクチン采配を批判(10/20)

TSMCの米工場、「台湾を複製」(10/20)

21年のウエハー世界出荷、過去最高予測(10/20)

NAND、4Q以降に値下がり=調査会社(10/20)

中華電信、5GとAIoTを介護分野に導入(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン