• 印刷する

プラスチック業界、原材料高騰で規制要請

インドのプラスチック製造・加工業界は、原材料価格の高騰を抑制するため、政府に対して規制導入や輸入制限の撤廃を求めている。ビジネス・ライン(電子版)が2日に伝えた。

全インド・プラスチック製造業者協会(AIPMA)のチャンドラカント・ツラキア会長は、インドでは過去5カ月間で塩化ビニール樹脂(PVC)やABS樹脂、ポリプロピレンなどプラスチックの原材料の価格が最大2.4倍に急騰したと指摘。国営石油各社が国内市場への供給を不適切にコントロールし、価格を不当に引き上げているとの見解を示している。

こうした状況を受け、公正な価格での供給を確保するため、主要業界団体10組織はモディ首相に書面で石油各社の不当利益行為を監督する規制当局の設立を要請している。

業界はまた、一部の原材料は需要が国内生産量を上回っているとして、対象品目について反ダンピング(不当廉売)関税などの輸入制限措置を解除するよう訴えている。国内供給を強化するため、プラスチック原材料の輸出を禁止することも求めている。

プラスチック業界は、5万社を超える加工業者で構成され、その9割を中小零細企業(MSME)が占めている。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(01/15)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/15)

スパイスヘルス、変異種特定で空港に解析所(01/15)

20年車販売は23%減の294万台 コロナ打撃、2年連続で前年割れ(01/15)

12月の二輪販売は7%増、5カ月連続プラス(01/15)

車業界、鉄鋼不足で1~3月は最大2割減産も(01/15)

マヒンドラの北米子会社、従業員の半数を削減(01/15)

メルセデス、21年は15モデルの発売を計画 (01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン