• 印刷する

ジェットスター、東南アジア路線を増便

シンガポールに本拠を置くオーストラリア・カンタス航空系の格安航空会社(LCC)ジェットスター・アジアは2日、シンガポールと東南アジア各都市を結ぶ路線を増便すると発表した。マレーシア・クアラルンプール、インドネシア・ジャカルタ行きの主要路線は今月15日から増やす。一部路線は既に増便している。

クアラルンプール行きは、11月にそれまでの週4便から同5便に増やしていたが、今月15日からは毎日運航する。ジャカルタ行きは、これまでの週4便から同9便へと大幅に拡大する。

12月時点でシンガポール発着のクアラルンプール、ジャカルタ路線を毎日運航するシンガポールの格安航空会社は、ジェットスター・アジアだけという。

同社はこのほか、今月に入ってからベトナム・ホーチミン便を週3便から同5便、カンボジア・プノンペン便を1便から2便にそれぞれ増やした。マレーシア・ペナン便は3便、フィリピン・マニラ便は5便、クラーク便は2便それぞれ運航する。

新型コロナの影響で運航を中止していたインドネシア・スラバヤ便については、12月5日から再開し、週2便を飛ばす。

ジェットスター・アジアは、シンガポールと東南アジア各都市を結ぶ路線を増便する(同社提供)

ジェットスター・アジアは、シンガポールと東南アジア各都市を結ぶ路線を増便する(同社提供)


関連国・地域: マレーシアシンガポールインドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

企業の4割、21年は採用増=人材会社調査(16:29)

結核のクラスターを確認、18人感染(16:26)

5G振興に23億円拠出、中小企業に助成金(15:28)

「米国関与、より強く」=シンガポール首相(11:21)

テイクオフ:新型コロナ一色に染まっ…(01/21)

ワトソンズが東南アEC強化 グラブと提携、業界に一定の影響(01/21)

設備投資が12年ぶり高水準、コロナ禍も好調(01/21)

業界団体と商工会、公正な雇用慣行実現で協力(01/21)

米社が特別会社設立計画、東南ア企業買収へ(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン