祭事期のEC取引83億ドル 予想以上に好調、8800万人が消費

インドの祭事期(例年10~12月)のうち、消費が最も活発化する灯明祭(ディワリ、今年は11月14日)前後までの1カ月間のオンライン販売が予想以上に好調だった。地場調査会社のレッドシアーによると、総取引額(GMV)は前年同期比66%増の83億米ドル(約8,662億円)に到達。事前…

関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者2人増、印製ワクチン調達検討(01/20)

テイクオフ:インターネットの普及に…(01/20)

21年の日系昇給率8%予測 未定4割、人件費増が切実な課題(01/20)

米GM工場の労組、補償求め退職案を拒否(01/20)

車各社が値上げ、製造コスト上昇で(01/20)

車部品ヒーロー、英同業の株式取得(01/20)

マザーサン傘下企業、トルコ同業を買収(01/20)

国営コンテナ、東西間で鉄道輸送を開始(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン